新車はどのような店で買うと良いの?

>

新車購入の流れ

必要経費

新車を購入するための予算の上限を決めましょう。
車の購入に伴う初期にかかる必要経費と、数年ごとの車検やオイル交換などのメンテナンス費用と燃料のガソリン代も念頭に入れなければいけません。
税金も毎年春に自動車のクラスに合わせて支払います。
駐車場も、マンションや近隣などの駐車場を借りる場合は、購入時に車庫証明取得のための費用が別途かかります。
通勤などに使用する場合は、会社敷地内か会社周辺に駐車場を借りなければならず、二重に駐車場代がかかります。
それら全ての経費も含めて予算を考えて、自動車のオプションや付属品の検討も大切です。
良い車の性能などの説明を聞けば、つい予算オーバーになりがちです。
生活に無理のない程度に予算を立てて車を選ぶことが、長く維持できる方法です。

販売店の選び方

自分の貯蓄や給与などを基本に算出して、ローンを組む場合は支払い金額なども検討します。
ローンのシステムは、期間が長かったり月々の支払金額が少ないほど、支払う金利の総額が高くなりますので気を付けて下さい。
新車の販売店はいろいろあります。
メーカーの大きな看板をあげた支店などのディーラーや、中古車販売会社の支店、整備工場等やガソリンスタンド等も新車販売の取り扱いをしています。
それらのどこで購入しても、車の会社は、同じ工場で車を製造するので同じ品質です。
新車購入後の整備やアフターサービスの使い良さで選ぶのも大切です。
故障や不具合の際も、自宅から近い販売店の方が便利です。
親切で丁寧な対応の店舗で、予算に対応した製品を選べるよう説明をしてもらって、納得のいくカーライフを送れるようにすることが必要です。


この記事をシェアする