>

情報集め必須

モデルチェンジ

ディーラーのモデルチェンジの予定の、車のチェックも大切です。
自動車のモデルの名称は変わらず、車の仕様や装備を一新して改良などを行うことをモデルチェンジと言います。
モデルチェンジは、20世紀初め頃にアメリカの有名自動車メーカーが活用した自動車販売マーケティングの一つの手法だそう。
実際に今の車種を古くなったように顧客に思わせて、新車を販売促進する効果が認められているそうです。
その手法は現在にまで至り、自動車以外の製品にも使われるマーケティング手法です。
ラインナップを新たにすべて変えるモデルチェンジを、フルモデルチェンジと言います。
同じモデルの名称でも、製品は技術革新して全然異なる自動車とすることもあります。
モデルチェンジの途中のマイナーチェンジはよくあります。
エンジンやプラットフォームの大半は変わらず、エンジンの改良を少ししたり内装の仕様を少し変えたり技術的改良などです。

様々な手続き

新車購入に伴う手続きをしてもらう販売店への委任状や、保管場所証明申請書(車庫証明申請書)などの必要事項を記入して、登録した実印を押印します。
駐車場の持ち主に許可を得て車庫証明のための保管場所使用承諾証明書の署名捺印をお願いしたり、自宅の車庫の持ち主の家族に保管場所使用証明書の署名捺印が必要で、署名捺印する人の印鑑証明書も必要です。
保管場所の所在地の記載と、配置図の記載は手書きでも、駐車場の持ち主から略図コピーをもらって別紙添付の形を取ることも可能です。
保持している車があり、購入した新車に、任意自動車保険の車両変更をする場合は、損害保険会社へ事前連絡して、納車日当日に保険の車両変更することが必要です。
新車の車両保険の保険料差額で保険料が高くなることで、更新日までの差額入金を損害保険会社から請求されることもあります。


この記事をシェアする