新車はどのような店で買うと良いの?

>

新車に準じた

下取り

ディーラーの会社に下取りとして買い取ってもらうことや、買い取り専門店の支店などに行って査定して決めることもできます。
自分の時間がある人であれば、新車買い換えでも保持する車を買い取り専門店のインターネットの見積サイトなどで買い取り額を調べてみることも必要です。
チェックは楽しいかもしれません。
買い取り額を高く提示した会社を調べておくことも。
情報を押さえておきながら、新車購入予定のディーラーの会社で確認して下取り額の交渉をする方が安心です。
新車の値引きだけではなく、下取額への上乗せ枠で多少安く新車購入できることもあります。
古い車の場合、ディーラーの会社などでは廃車下取りになると、廃車費用を請求されることもあります。

保持する車を売る手続き

自動車が売れた時には、手続きに必要な書類があります。
自分の住所の管轄の運輸支局発行自動車車検証、損害保険会社などの発行自賠責保険証明書や自動車税管理事務所発行のその年分の自動車税納税証明書や自動車リサイクル券等です。
慌てなくて済むよう早めにチェックしておきます。
車の買い取り専門店でも売れますが、インターネットの個人間の取引で入札で売ることもできます。
その場合は売買が確定した段階で手続きの準備をします。
自分の住所の市町村区の自治体発行の印鑑証明書や住民票等の個人情報記載の公文書が必要になる場合がありますので、プライバシーなどに神経質に心配される人は、車を売る値段だけではなくトラブル回避も含めトータルに考えましょう。
公的書類の発行については、各自治体窓口で対応してもらえます。


この記事をシェアする